宅地建物取引主任者は国家資格です

「宅建(たっけん)」とは宅地建物取引主任者 のことです。
不動産業界・金融業界では重要視される資格(国家資格)です。

 

不動産取引には必ず宅建取引主任が登場する

不動産取引をする際には必ず、 の二つが必要です(宅地建物取引業法)。この制度のめざすところは、不動産という値段の高い取引をする際に、買い手が知っておくべきことをきちんと伝え取引を保護することです。

独立開業のほか、不動産業・銀行業・建設業で有利

不動産業の会社には、宅地建物取引主任者(宅建主任)を5人に1人の割合でおく義務があります。不動産業界を希望する場合は有利になる資格です。

また、銀行が融資をする際の担保物件がほとんどが不動産であることから不動産についての専門的知識をもつ宅建主任は銀行でも重宝されるほか、建築業でも重要視されます。

建築業においても、一戸建て住宅を建築・販売することは宅地建物取引業にあたります。

受験資格と合格率

受験資格は特になく、年齢・学歴問わず受験することができます。

試験は年に一回、50問の4肢択一のマークシート形式です。合格率は約20%、毎年約20万人が受験しています。

ページのトップへ▲

★2013年はアフラックに「ちゃんと応える医療保険EVER」、オリックス生命から「新CURE」が登場しています。保険の見直しの参考にどうぞ。→参考サイト:ちゃんと応える医療保険EVER 新CURE

★宅建もそうですが、保険も言葉が全くわからず商品を理解するのに時間がかかります。
保険用語を正しく理解して、自分にあった保険を見つけましょう。→参考サイト:保険用語一覧